こぽこぽ日記

書きたいときに書きたいことを書きます

人生にもしも勝者と敗者がいるのならお前は俺に何て言うのかな

聞こえない♪

oh my friend 聴かせておくれよ♪

俺よりぶっとんだ お前の詩(ことば)を♪



というわけで、今日はSOPHIAの『黒いブーツ~oh my friend~』に乗せて始まりました。

SOPHIA良いですね。ベストアルバムしか持っていませんけど。



僕は地方で一人暮らしをしているので、土日は部屋で物思いに耽ることも多いんですが、

ふと「自分の人生はこのままで良いのか」みたいなことを考えることがあります。



東京から出て地方で暮らして

今後転勤でどこに行くかも分からなくて

友達も恋人もいなくて

打ち込む趣味もなくて…


「何だこの人生は!」

となるわけですよ。



何か人生の敗者っていうか、そんな感じがするんです。

会社のために働くために生きてるみたいで。

自分が頑張ってこなかったから仕方ないですけど、何か悔しいんですよね。


このまま特に満足感も得られないまま働いて疲弊して年老いて独りで死んでいくのかな、

なんて思って寂しさに包まれますね。


でも、腐敗臭で不審がられて孤独死しているのが見つかるパターンだけは避けたいので、

頑張って働いて老人ホーム入居費用を貯めています(笑)



じゃあ逆に人生の勝者って何だろうって思ったのでちょっと考えました。



一流大学を卒業して大手に就職。

入社3年目に大学時代から交際している彼女と結婚。

30歳までに子供を2人授かり、一流大学に通わせる。

老後は奥さんと国内を旅行する。



パッと思い付いたのはこんな感じです。

スペックしか意識してないですね。


敗者ほどスペックを気にするんですよね。

しかも価値観が古い。

例えば婚活でも、恋愛経験がない男性ほど黒髪処女を求めて、

恋愛経験がない女性ほど未だに3高を求めているイメージです。



ただし、本来の姿かもしれません。(オタクにありがちな肯定化)

結局はお金があった方が幸せだし、スペックが高い方がそこに近付きやすいですし。

そこを突き詰めていったら、資産家の家庭に生まれるだけで十分ですね。


「不老所得だけでも生きていけるけど、社会性を失いたくないから働いている」という状況が理想ですね。


生活がかかっていなければ、仕事に関わるストレスの感じ方も変わってきますからね。

資産家は資産家で大変なのかもしれませんけどね。



うだうだ語ってきましたけど、何もしていないくせにあーだこーだ言ってる僕がみすぼらしくてみっともないということしか見えてきませんね。

はい。すいません。



急に真面目になりますが、勝ち負けではなく、納得できる生き方ができれば良いのかなと思います。

たとえ結婚できなくても、年収が低くても、「自分はこれでいいんだ」と思えれば。


そういう意味では、僕は納得していないので苦しんでいるんだということになります。


現実が理想から程遠くても、何か「楽しい!ストレスが吹っ飛ぶ!」と思える瞬間を見つける必要がありますね。

何だかんだ言って、人生楽しんだもん勝ちみたいなところはありますからね。


Twitterのbioに「人生楽しんだもん勝ち!」みたいなこと書いてる奴らはめっちゃ苦手ですが、

そいつらの言ってることは真理かもしれませんね。


それはそれで悔しいですね。



なんか、このブログを書いていたら強烈な空しさに襲われました。


自分は一体何をしているんだ?とんだ時間の無駄遣いだな、

なんて考えました。



みなさんはくだらないことを考えてブログを書くよりももっと生産的な時間の使い方をしてほしいと思います。


「生産」的って、別に「子孫」をトイレに大量に放出することではないですよ(笑)

それぐらいしかすることのない寂しい人生ですけどね。



敗者なので歯医者に行って歯科衛生士さんのパイオツを頭でしっかりと味わってきたいと思います。

幸福感に包まれますし。



では。