こぽこぽ日記

書きたいときに書きたいことを書きます

オタク is 卑屈

どうも。かなり久しぶりの更新となりました。

味気ない日々を送っていると刺激を求めたくなるもので、

久々にブログでも書こうという気分になりました。

 

今日は最近気になっていることについて書きたいと思います。

 

それは、彼女がいない20代後半の独身男性ってどういうものを身につければいいのかということです。

 

僕はそろそろ20代後半になりますが、ファッションに非常に疎いです。

普通の人がファッションに目覚める高校生の頃は、男子校に通うインドアなオタクだったので、

親に服を買ってきてもらい、ぶかぶかな服を着ていました。

大学2年くらいから自分で服を買うようになり、

数年かけて少しずつ自分の体型に合うような服を買うようになって今に至ります。

 

僕の服装は今でもシャツにチノパンという大学生スタイルです。

ズボンはほぼユニクロでしか買いませんし、靴はスニーカーしか持っていません。

若者が行く服屋が分からないので適当に服を買っていますが、

社会人になってからも価格は4000円以内に抑えることがほとんどです。

たまーに上着なんかは20000円を超えることもありますが。

 

友達も恋人もいないため、アドバイスしてくれる人がいません。

 

それで、「どんな服を着れば年相応で、かつ他人を不快にさせないのかな」と思って

ネットで検索しても、結構高そうな服ばっかり出てくるんですよね。

「そんなの都会のシャレオツな奴しか着ていないだろ」みたいな服です。

これは僕の欲する情報ではないわけですね。

 

じゃあ街行く人の服装を見てみようと思うのですが、

田舎に住んでいるので、同年代の独身っぽい人は全然見ないんですよね。

たまにいても、僕みたいにガリガリの人間はあまり見ないので参考になりません。

 

結局、無難に自分に似合う感じで財布に優しい服を買うことになるため、

同じような服ばっかり買っています。

これでは年齢の割に服装が幼いという状態になってしまいそうで怖いです。

 

とはいえ服装だけ格好つけても顔面レベルが低いので似合わないとも思います。

ワックスをつけて髪を整えることもしませんし。

 

そもそも、彼女いない歴=年齢かつ友達もいないくせに、

年相応の恥ずかしくない格好をしたいと思っていることが間違いなのかもしれませんね。

 

逆に服装なんてどうでもいいと思っていた方が幸せかもしれませんね。

どの服屋だって彼女がいない20代後半の独身男性なんてターゲットにしませんからね。

僕ら人生の敗者は、周囲から「あの人キモい、クサい、ダサい」と馬鹿にされながら

ひっそりと生きていくのがちょうどいいんでしょうね。

 

一人の時間が豊富にあるため余計なことばっかり考えていますが、

考えれば考えるほど卑屈になっていきますね。

これでは一生気持ち悪いオタクから抜け出せませんね。

 

では。